本文へスキップ

のんきな心霊の世界。あなたも軽い気持ちで心霊体験。

 2009年4月18日 19時


埼玉県の北西部、秩父市吉田にいた。















モダンな看板だ。

僕の住んでいる地域にはこのようなオシャレな地図は存在しない。

どうやらこの吉田という地域は、映画「草の乱」のメイン撮影地となったそうだ。





内容は、あの「秩父事件」を題材としたもの。

この吉田地区には、事件での刀傷が生々しく残る柱などがあるらしい。

秩父にお越しの際は、ぜひとも吉田をよろしくお願いします。

僕は社交辞令も人並みにできる天下のぷーたろーだ。













この消された一文字にはいったい何が隠されているのだろう。

隠すというからには、きっと何か重大な秘密があるにちがいない。

この吉田には目には見えない大切な何かが隠されている。

目に見えない大切なもの。

愛か。




センスを感じる。

隠された何かのヒントとして見せてくれている。

やはりこの町には愛がある。





愛があふれる秩父市吉田をよろしくおねがいします。





ダイナミック。














僕は「草の乱」も「秩父事件」も一切知らない。

映画出演のオファーも来なかった。











愛の町、秩父市吉田に背を向けた僕たちは、次の参拝地へと向かう。

次の参拝地は「新井さん家」だ。

新居さん家は以前にも参拝したことがあるのだが、そのときは日が沈み

あたりは闇に包まれていたので、「これじゃぁ新井家訪問はできませんね」と

総裁に戦略的撤退を決意させたことは記憶に新しい。





以前とは違い、今回はまだ日が出ている。

明るければこっちのもんだ。

僕たちは急いで新居さん家に向かう。安全運転で。

ほどなくして到着した。







すでに闇に支配されていた。

こうなると、もう帰りたいとしか思えない。

しかし参拝2箇所目にして、まだ帰れない。

仕方がないので車から降りずに写真をとる。








新井さん家が助手席側に来るようにUターンする。

そうすることによって、できる限り僕を新井さん家から遠ざけることができ、

霊症は全て総裁に行くようになるだろう。僕は戦略家なのだ。




写真をとっていた総裁が突然悲鳴をあげた。

一国の主の悲鳴だ。これは参拝2箇所目にして早くも何かが出たのか。








車内の緊張感が徐々にほぐれ、落ち着きを取り戻した総裁が語り始めた。





写真をとるために開けていた総裁側の窓。

なんとそこに新井家の刺客、「蛾」が総裁を攻撃してきたのだ。

この程度で一国の主が取り乱さないでもらいたい。

おかげで、僕は総裁以上の雄叫びを披露することになってしまった。

帰りたい。

帰って寝たい。










総裁の情報では、新井さん家はこの道路から見える建物以外にもあるらしい。

たぶんこれがそこへの道。

近くには「新井家」と書かれた墓石がいくつも確認できた。

やはり、こう暗くては調査は断念せざるおえない。

再度参拝が必要だ。明るい時に。






僕の雄叫び後、総裁がじゃっかんだが笑いをこらえているように感じる。

僕は総裁にバチがあたることを祈って、新井さん家を後にした。



次へ

inserted by FC2 system